知らない間に(汗)



「津軽三味線と民謡の集い」が近づいています。

少し焦りながら、過去に習った曲を、復習していました。
前バチ、後ろバチの関係が分からなくなっている曲があるのです。


耳8

津軽甚句という曲の、バチの振り分け方が
どこかおかしいと姉弟子から指摘を受けました。
二人の姉弟子から、津軽甚句を徹底的に指導していただきました。


耳7

自分では気づかないうちに
いつの間にかおかしなバチの使い方になっていたようです。
指摘していただいた事で、間違いに気づく事が出来ました。
姉弟子に心から感謝しながら、電車に乗っていると。。


耳6

すごい量の「耳毛」を生やしている方に出逢いました。
鼻からも大量の毛がはみ出していますが
耳からもすごい量の毛が飛び出していて驚きました。
一体いつの間にこうなってしまったんでしょうか(汗)
最初は気づかないくらいの量からはじまったのかもしれません。

もしかして私の耳にも、気づかないうちに少しづつ生えていたら。。
よく考えたら、自分の耳などまじまじと見た事などありませんでした。


耳5

まさかとは思いますが、確認してみる事にします。
万が一ではありますが、人ごととは言い切れないかもしれません。
慌てて駅のトイレに入り、鏡を見てみる事にしました。
必死になって耳の中を見てみようと思いましたが
なかなか見づらいものですね(汗)
耳を引っ張り角度を駆使しながら、見やすい角度を探っていきました。

まさか私に限って生えているはずがありません。
そう思って確認したところ。。


耳4

「う、うわっ。。。。。。。。。。生えている。しかも2本。。」

ゾッとしました(汗)普段髪の毛で隠れていた私の耳に
しっかりと耳毛が生えていたのです(汗)
いつからでしょうか。いつの間にこんなことになっていたんでしょうか。
気づかない間に、私の耳にもしっかり毛が生えてしまっていました。


耳3

なんということでしょうか。恐ろしい事です(汗)
まさか自分には、耳毛なんて生えているはずが無いと過信していました。
電車で見かけた耳毛の方も、同じ思いだったのかもしれません。
あの方と会って、鏡で確認する事をしていなければ
私も知らない間に、あの方とまったく同じ状態に
なっていたかもしれないと思い、なんだか恐ろしくなってきました(汗)


耳2

気づかないうちにの積み重ねが
自分に大きな変化をもたらしてしまうのかもしれません。
こんな状態で、人前に立って三味線を
弾いていたかもしれないと思うと、とても恥ずかしい限りです。
人のふり見てわがふりを直さなくてはいけません。

自宅に帰って、成長しかけていた耳毛と潔く決別する事にしました。


耳1

耳の中にハサミを入れるのって、慣れていなくてドキドキしますね(汗)
見えにくい上に、耳毛にハサミが触れる音がものすごく大きく
耳の中に響いて、思わずカットするのが怖くなってきます。

「ボボボボボ、ボボボボ、ボフッ!!」

なんとか一本目が切れました(汗)恐ろしい音でした。
2本目にトライです。みんな、耳の手入れは一体どうしているんでしょうか。
この恐ろしい音を聞きながらカットしているんでしょうか。

「ボボボボボ、ボボボボ、ボフッ!!」

2本目を切る事が出来ました。大成功です。
危ないところでした。耳毛の人になってしまうところでした。
三味線も仕事も頑張っていても、「耳毛の人」になってしまうんでは
残念な印象の人になってしまうところでした。

自分がおかしな方向に進んでいないか
日々点検する事の大切さを知りました。
人は気づかないうちに、思わぬ方向へ変化してしまうのかもしれません。
新たな自分に生まれ変わる事が出来ました。
今日も三味線と仕事頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ