日比谷大会の前に



北村貴寿さんから、出来上がったCDを送っていただきました。

常に新しい事に取り組んでいるチャレンジ精神にあふれたアルバムです。
彼の三味線自体が、とても美しくすでにARTでした。


北村君-

私は、彼の音色のイメージに近い花を用意させていただき
一緒に三味線に花をからめたりした程度ですが
新しい第一歩にSHAMISEN ARTで協力出来た事がとても嬉しいです。

嬉しい気持ちでボランティアに向かいました。


ビデオ4

今日は、初めて訪れる老人ホームです。
邦風と申します。津軽三味線の演奏をさせていただきます。
よろしくお願いします。最初はどうしてもお互いに
心の距離が離れていますが、これもいつものことです。
心を込めて演奏をしていけば、心の距離は自然に近づいていきます。


ビデオ3

3曲目に入った時点で、お互いの心の距離が完全に縮まりました。
もう大丈夫です。あとは丁寧に、心を込めて演奏するのみです。
オリジナル曲「SPIRIT」を、一人で弾いてみました。
やや現代的なアレンジですが伝わるでしょうか。。(汗)


ビデオ9

これが思いのほか大好評でした(汗)盛大な拍手をいただきました。
この会場には、とても感性が若く鋭い方が多いんだと実感しました。
このメロディーから様々な世界を想像してくださったようです。
これは手が抜けません。音も外せません(汗)真剣勝負で挑みました。

真剣勝負といえば。。演奏をしながら、ふと先日のことが頭をよぎりました。


ビデオ7

私がある会場で、本番で演奏した時の演奏の様子を
あえて師匠と、兄弟子、姉弟子に、それも録画した映像で
見ていただいた時のことを思い出していたのです。


自分から言い出したのですが、再生ボタンを押す時に妙に緊張しました(汗)


ビデオ8

いろんなことを指摘してほしくて、映像を持ってきましたが
いざとなるとなんだかドキドキします(汗)
そもそも師匠や兄姉弟子に見せるべき映像かどうかもわかりませんが
でも、勇気を持って再生させていただきます。
いろいろアドバイス頂きたくて持ってきましたので、初志貫徹です。


ビデオ5

映像を再生しました。画面に私が映りました。
三味線を持って現れ、一礼して椅子に座りました。
調弦を始めています。見ていて手にじわっと汗が滲みます。
頑張れ邦風(汗)師匠も兄弟子、姉弟子も見ています。
落ち着いて演奏をしますように。。


ビデオ6

この演奏頑張れ!と自分で思ったものの、よく考えたら
すでに録画のため応援しても何か結果が変わる事はありません(汗)
画面の中の自分がどんどん演奏を始めて行きます。

「ここ早い」「ここツボがあまいね」「あ、ここは良いね」
「ここもったいない」「ここもっと改良した方が良い」


見ていた師匠、兄弟子、姉弟子から思わず気になる点が飛び出します。


ビデオ2

最初は、何て言われるのかドキドキしていたのですが
飛び出す言葉がすべて的をついていて、あまりに的確で
さらに私が気づいていなかったあまい点なども指摘していただき
目から鱗の発見が沢山ありました。

本番のときと違って、映像で自分の演奏を客観的に見ながら
どこが間違っているか冷静に気づかせてせていただく事が出来たのです。
その数々の指摘から、三味線の音色に対する厳しさと同時に
三味線の音色に対する深い愛情を感じざるを得ませんでした。

さすがに私よりも長い期間、三味線と真剣に取り組まれて来た方々の
言葉です。私が、音に対する、まだまだあまい部分がある事を
感じました。冷や汗かきながら、映像を見ていただいて良かったです。
冷静に指摘していただいた言葉が、私にとって宝になりました。
ボランティア演奏での演奏にも確実に役立ちました。嬉しいです。
今日、出場する日比谷大会でも、確実に良い影響を与えそうな感じがします。

今日の大会での演奏頑張ります。





■北村貴寿さんのホームページはこちらです。
http://shamisen-kiju.com/index.html#profile

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ