路上の先輩たち



エレベーターの扉が空いて、誰が先に降りるか
一瞬微妙な間が出来た瞬間に、後輩全員からこう言われました。

「先輩ですから。どうぞどうぞ。先に降りてください。」


いえいえ、降りられる人から降りてください。

エイジング8

こんなことに先輩も後輩もありません。
そう断ったものの断固として先に降りない後輩の粘りに負けて
気後れしながらも、一番に降りる事になりました(汗)

プレゼンに向かう電車でも、目の前の席が一つ空き
私が座った方が良いと後輩から強く勧められました。


エイジング7

後輩の気遣いは嬉しいのですが
私も同じチームなので同じ気持ちでいたいです。
一緒に立っていきましょう。先輩後輩は、気にせずにいきましょう。
そう言ったものの、逆に気を使われてしまいました(汗)

やれやれと思いながら鏡に映った自分を見ると。。

いつの間にか、私の髪に沢山の白髪が混じっている事に気づきました。

エイジング9

なるほど。私もそんな年齢です。
気を使われても仕方ないのかもしれません。
若いつもりでいましたが、いつの間にかもう見た目もベテランです。

仕事終わりにお茶でもしようと行った喫茶店で
みんなと同じようにチョコレートパフェを食べようと思ったのですが
やめておきます。一番年上の私はベテランらしく
ブラックコーヒーだけにしておきます。


エイジング6

ベテランはベテランらしく振る舞うほうが
見ていてみんなが安心するような気がします。
本当はチョコレートパフェ、
私もプリンのところだけでも一口欲しいのですが(汗)
まったく興味が無いふりをして
渋い顔をしてコーヒーを飲みほしました。

でも心の中は、いつも若々しくいたいと思います。
三味線の事を考えていました。三味線の世界では、まだまだ私は
産まれたばかりのヒヨッコ同様の存在です。


エイジング5

まだまだ新人です。若手です。まったく無名の存在です。
失敗する事を恐れず、どんどんいろんなことに
チャレンジしていこうと思います。素晴らしい舞台ばかりではなく
誰も私の事を知らない路上でやってみます。

調べたところ正式に路上で演奏するには
市役所に書類を提出する必要があるようです。
そんなことも知りませんでした。書類を用意して市役所に行きました。


エイジング4

書類を持って窓口行くと、ギターを背負った若者達が
すでの路上演奏の書類を係の方に確認していただいていました。
10代や20代の方たちでした。
バンドとして路上で演奏しようとしているようです。
少し書類に不備があり、修正点をアドバイスされていました。
その方たちが再記入している間に、私に声がかかりました。

「お待たせしました。後ろの方。どうぞ。どういったご用件でしょう?」


エイジング3

「あ、あの。路上で楽器の演奏する申請を出しに来たんですが。。」

前にいた3人組のバンドのメンバーが、私の方を振り返りました(汗)
まさか私も路上演奏する人には見えていなかったようです。

「あなたも路上演奏の申請ですか? あなたが演奏されるの?
 一人ですか? 他のバンドのメンバーは?」


エイジング2

なんだか不思議そうな顔で全員が私を見ています。
たしかに10代、20代に混じって立っている私は
路上演奏申請の似合わない不思議な人に見えるかもしれません(汗)

「はい。路上で演奏してみたくて来ました。バンドではありません。
 一人です。一人で楽器を演奏します。どうぞよろしくお願いします。」


エイジング1

若者の視線を感じながら、書類を持って係の方のところに近づきました。
私の名前や、今までの活動、今後の予定、演奏形態などを書き込んだ
書類を係の方に見ていただくことになりました。

「くにかぜ? 邦風? kunikaze ? 
 これバンド名ですか? 名取名? え? 名取りって、、あなた。
 ん? 三味線? 津軽三味線やるの? 路上で?
 一人で? なんでまた路上で。。 しかもあなた、、42歳なの? 
 もういい大人じゃない。 なんでまた。。」


はい。いい大人です。今年で43歳です。
43歳から路上デビューしたいと思います。ピチピチの43歳です。
若者の笑い声が聴こえます。笑われても仕方ありません。
私の気持ちはどんな時でも前向きです。
不思議そうな係の方の反応と、周りの方のヒソヒソ話を感じながら
私の路上演奏申請をしっかりと提出させていただきました。
審査が通れば私も路上で演奏が出来るようです。
ここにいる若者たちの方が路上では先輩です。私は新参者です。
審査に通ったらこの方達にいろいろ教えていただき
汗かき恥かきながら学ばせていただこうと思います。

何か始めるときに遅い早いなんてないと思っています。
ドキドキしてきました。いくつになっても夢を持つ人でありたいと思います。
審査が通りますように。今日も三味線と仕事頑張ります。





コメントの投稿

非公開コメント

すごいですね!

しかも一人で申請!
ぱっと見でしたら、路上で選挙演説とか、その応援演説とかなら
周りの方は納得してくれるのでしょうね。(笑

邦風さんのチェレンジ精神は本当にすばらしいです!

yukiさん、コメントありがとうございます。

yukiさん

コメントありがとうございます。一人で申請してきました!

路上で演説しながら演奏も良いかもしれませんね(笑)
びしっとスーツを着てやるのも40代としては
節度があってよい感じもします。

今月、来月とまた新たな事にもチャレンジします。
チャレンジ精神だけでどこまでいけるか頑張ります♪
いつも応援していただいてありがとうございます。

邦風

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ