甲野善紀先生にお会いしました(汗)



どしゃぶりの雨の中、新宿に来ました。

ある方にお会いするためです。
はやる気持ちをおさえてエレベーターに乗り込みました。


甲野先生3

お会いするのは、古武術研究家の甲野善紀先生です。
古武術の研究を長い間されていて、体の使い方に関する
様々な著書を何冊も出版されている方です。

三味線の弾き方について、自分なりにいろいろ研究している間に
いつかアドバイスをいただきたいと、以前からずっと思っていた方です。


甲野先生2

介護やスポーツにも、この方の体の使い方が応用されるほど
この方は、体の使い方のスペシャリストで、独特の発想をされる方です。
楽器演奏者のためのワークショップまで開かれていたのを発見し
急遽、申し込まさせていただきました。ドキドキします(汗)

本当にお会い出来ると思うと、緊張が込み上げます。
しばらくして、ご本人が現れました。


甲野先生4

和服姿に高下駄と、そして竹刀にひっかけた風呂敷包みの荷物一つの
まるで江戸時代のような姿で会場に現れました。
現代を生きるサムライのような出で立ちに感激しました。

ドキドキは最高潮に達しました。ワークショップは進行していき
ついに直接甲野先生に演奏を聴いていただくコーナです。

アコーディオン奏者に続いて私が手を挙げました。
ついに甲野先生の前で、津軽三味線を弾かせていただきます(汗)


甲野先生5

甲野先生の前で弾く事に、なんだかとても緊張してしまいました(汗)
なぜ自分が今、甲野先生の前にいるのか
そしてなぜ津軽三味線を弾いているのか考えれば考えるほど
よくわからなくなってきました(汗)

でも私はこの方の前で演奏し、何かを言っていただく事を
長年熱望していた気がします。ある道を追求してこられた方の
鋭い意見は、今の自分をまったく別のものに変えてくれるように思います。
そう思って必死に演奏し続けてみました。

演奏が終わりました。じっと私の演奏を聞いてくださった甲野先生が
しばらく沈黙されたあと、私の演奏について話し始めました。


甲野先生6

もっとも重要な体の動きについて語りながら
そしてさらに大切な演奏時の心持ちや気持ちの振り切り方について
語ってくださいました。
私が出来ていない「ある世界へ自分を放り込む」ということについて
様々な観点から指摘していただいた感じがしました。
これはまさに私の克服するべき課題を言語化していただたように思います。
初対面にも関わらず、私の弱点や補強すべきところが
一瞬にしてすべてが見えているような、的確な指摘に驚いてしまいました。

さらに、話していくうちに熱がこもり
上半身をさらけだして私に背中の筋肉の使い方を
身をもって見せてくださいました。


甲野先生7

初対面にも関わらず、上半身裸で真剣に私に語りかけてくれています。
具体的や抽象的な話も交えながら、体を使って一生懸命
私に沢山の事を伝えてくださいました。
それはすべてすぐに理解出来ることばかりではありませんでしたが
むしろ分からない事を沢山教えていただいことが
私の何かを引き出してくれた感じがします。さらに。。
私の演奏が別次元にいけるかということを真剣に話してくださいました。

様々な研究をされている古武道の技を私に実演していただきながら
どうしたら私が求める世界に近づけるかのヒントを
いくつかいただきました。


甲野先生8

そのヒントと何か、を言葉にしたいのですが
なぜかこの感覚はまったくうまく言葉にできません。
いただいた言葉はまるで雲を掴むかのような言葉です。
でもなにかが自分の中で確実に変わった感じがあります。
変化したかどうか試しに、もう一度同じ曲を弾いてみたところ。。

音の伸びがまったく変わりました。カチカチだった音が
弾力を持ってゴムのように伸び縮みするようになったのです。


これは私の一人よがりかと思いながら演奏していたところ、
会場にいた人全員が音の変化を感じびっくりして
自然と大きな拍手が出てきました。何か正体はつかめませんが
すべてがうまく力を発揮出来たようです。

ありがとうございます。甲野先生に直接、お礼を言わせていただきました。


甲野先生1

甲野先生は、さほど驚いていないようです。
様々なパフォーマーや音楽家の能力を発揮してきた方だけに
もっと新しい気づきや高い次元に私を向かわせるべく
さらに様々なご助言をいただきました。

「津軽三味線はいい。私も名人の演奏を聞いて津軽三味線の
 すごさを感じている。津軽三味線は人の心を揺さぶる。
 あなたも人の感情をゆさぶる名人の演奏を目指して頑張りなさい。」


体の使い方の達人は、私の心を動かす達人でもありました。
この言葉に思わず感激して涙が出そうになりました。
私の大好きな津軽三味線を応援してくださってありがとうございます。
そしてさらに様々な技や体の使い方を私に教えてくださいました。
見ず知らずの私にここまであますところなく自分の体験や
気づきや精神を教えてくれる姿勢に正直びっくりしました。
お会い出来て良かったです。本気で追求する事、そしてそれを
あますところなく伝えていく事、違う世界の人にも本気で
何かを教えていく事、甲野先生から教わりました。

私はまだまだなようです。もっと頑張らなくてはと思いました。
いろんな助言をいただいて感激です。
先生のように三味線と仕事、本気で真剣に頑張りたいと思います。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。ステキなお話です。演奏する上で身体からアプローチする感覚がすばらしいと思いました。ワタクシも子どもにお囃子の太鼓を教えていますがまずは姿勢やら力の加減など身体方面から直すようにしているんですが、あながち間違ってもいないかな?日本古来の武術や楽器、舞踊など伝統的なものって『型』が大事なのかな、、と感じています。古武術ワークショップ要チェックですね。それでは良い一日を。

コメントありがとうございます!

いづんつぁんさま

おはようございます。
兼ねてから悩んでいた事が、霧が晴れたようにすっきりしました。
身体からアプローチしていくと、演奏の質がまったく変わる事を知りました。

お囃子の太鼓もまさに体の使い方が重要そうです。
私も正しい姿勢を得たくて、甲野先生のところに行ったのですが
状況に応じて体を変化させることの大切さも教えていただきました。
そして体の使い方によって、音質がまったく変わる事を
身をもって体験して、古武道と甲野先生の視点の鋭さに
脱帽してしまいました。

演奏することがまた楽しくなりそうです。
音楽も古武道も奥が深いです。いつもありがとうございます。
これからもお互い楽しみながら、研究しながら
頑張っていきましょう。それでは失礼します。

邦風

行かれたんですね!

レポートありがとうございます。

邦風さんは、いままで積み上げてきた
膨大な練習量、経験値がありますから、
それがどんな形で爆発するか?
そんな気がしています。

ちょっと風穴が開いた感じでしょうか?

名古屋大会楽しみですね♪
応援しています☆

yukiさん、コメントありがとうございます!

yukiさん

コメントありがとうございます!
本当に行って参りました。

私の中でモヤモヤしていたものが
いっきに吹っ飛んだ気がします。
まるで私の迷いがすべて見えているかのような
甲野先生の言葉に感激してしまいしまた。

> 邦風さんは、いままで積み上げてきた
> 膨大な練習量、経験値がありますから、
> それがどんな形で爆発するか?
> そんな気がしています。

ありがとうございます。なかなか練習や経験したことが
本番に出せず困っていましたが
少しヒントがいただけた感じがします。
すぐに成果がでるかどうかはわかりませんが
コツコツいろんなところで試してみたいと思います。

名古屋大会も楽しんで頑張ります♪
いつも応援していただいてありがとうございます。
これからも一緒に楽しんで頑張っていきましょう。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ