「 どなたか、質問はありませんか?」




打ち合わせ用に予約をした会議室に、人が入っていました。

予約している事を伝え、移動していただかなくてはいけません。
でも、なんだか真剣に話されています(汗)


気弱10

こういう場面が苦手です。私が部屋をとり間違えていないか
何度も確認したところ、やはりこの部屋のようです。
打ち合わせの始まる時間なので、移動していただくしかありません。

「あの、すいません。。この部屋予約しているのですが。。(汗)」


気弱3

中で話されていた方が、私の言葉で、急に話をやめて
慌てて部屋を出て行かれました。きちんと予約しているので
私が申し訳なく思う必要はないのですが、なんだか
話を中断させてすいませんという気持ちになります。

なんだか、気が弱いのかもしれません(汗)


気弱5

こういう気の弱さが、演奏の中にも出てしまわないよう
普段から自分の気持ちを鍛えておく必要がありそうです。


そういえば先日、ご飯を食べに行った時も。。
私の注文だけがなかなか来なくて
店員さんに言うべきかどうか、かなり迷いました(汗)


気弱8

混雑時で忙しそうにしている店員さんに声をかけるのは
なんだかためらううえに、もしかしたら今、持って来てくれようと
しているのかもしれないと思って、待ち続けてしまいました。
自分がせっかちに見られるのも恥ずかしくて嫌なのかもしれません(汗)
なんとも気の弱い自分を感じました。

買い物のときによく言われる
あの言葉も私をドキドキさせます。


気弱2

「当店のポイントカードはお持ちではないですか?
 では、すぐに出来ますので、お作りしますか?」


あ、結構です。大丈夫です。すいません。
こう伝えた後の店員さんとの、なんとも言えない間が耐えられません(汗)
断った事で、このお店と店員さんに対して、
不満を持っているようにとられてしまっていないでしょうか。
気を悪くさせてしまっていないでしょうか。

ポイントカードを作ってしまいます。気が弱い男です。


気弱7

この気弱さを克服しなくてはと本気で思います。
演奏中は、気持ちを強く持つことが大切です。
とるべき「間」をしっかりととり
今週末のボランティアも頑張ろうと思います。
間に負けたり、気弱さに押し流されている場合ではありません。

そんなことを考えながら、会社のセミナーに参加しました。

2時間のセミナーに参加し、講師の方から沢山の良いお話が聞けました。
講義終了後に、司会の方が会場に向かってこう言いました。

気弱4

「それでは、質問のある方いらっしゃいませんか?
 どなたか、ぜひ聞いてみたいという事はありませんか?

 あれ?………どなたもいらっしゃいませんか? 」


会場から誰も手が挙がりません。私も特に質問はありませんが
なんだか妙な間が生まれています。講師の方も寂しそうです。

別段誰も質問しない、この空気が耐えられません(汗)

気弱6

ひたすら講師の方に、なんだか申し訳ない気持ちになってきました。
いつもは、この空気に耐えられずに下を向くばかりの私でしたが
気弱なだけではいけない気もしてきました。
勇気を出して、手を挙げようとしている自分がいます。

司会の方が恐る恐る手を上げている私を見つけて
指名してくださいました。ありがとうございます。
これで会場に流れる重苦しい空気を払拭出来そうです。
でも、ふと冷静に考えたら
何を質問するのか自分でもよく考えていませんでした(汗)

空気を変えるために、気弱な自分を抜け出すために
勇気をだして手を上げてみましたが肝心な質問を
まったく考えていませんでした。
あわててとりつくろって、必死のしどろもどろの質問
をしてしまいました(汗)お恥ずかしい限りです。

「自分の気の弱さ」少しづつ克服していかなくては
と本気で思ってきました。
自分の心を鍛えられるように、今日も仕事と三味線頑張ります。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほほえましく読ませていただきました(笑)。

邦風さんがおっしゃる「弱み」というのは「やさしさ」の裏返しで、邦風さんのお人柄がよく表れていて、とても恥ずかしいと思われるようなことではないと思います。

ブログやコメントのお返事では、いつも邦風さんのお人柄がにじみでていて、素晴らしい方だなぁ(とってもいい人。笑)と思いながら読ませていただいています。

ちなみに海外では「Yes と No」がはっきりといえないと生きていけない世界で、私もだいぶ鍛えられて強くなりましたが、時々「日本人のよさが薄れていってる・・・」というようなことを言われ、とっても複雑(悲)。

要はバランスなんだと思いますが、難しいですよね(笑)。

でも、邦風さんはそのままでいいと思います!笑。

そのほのぼのさがブログの人気の秘密だと思います!

ありがとうございます!

りりーさん

ブログを読んでいただきありがとうございます。
気の弱い自分をなんとかしなくてはと日々思っています。

人にどう思われるかをやたら気にしてしまう
傾向があるのかもしれません。つい良い人風にふるまってしまいます(汗)
そんな私を温かい目で見ていただいて感謝しております。

海外にいらっしゃると「Yes と No」が
はっきりといえないと生きていけないですよね。
私だったらしどろもどろになってしまいそうです。
その中で日々進化されているりりーさん素晴らしいと思います。

>時々「日本人のよさが薄れていってる・・・」というようなことを言われ、とっても複雑(悲)。

そんなことないです。ブログからもコメントからも温かさや優しさを
いつも感じています。そして海外で頑張られていて
日本人として、三味線を演奏する者として尊敬しています。

普段は人の目や気持ちを気にしすぎながら生きていますが
せめて演奏中くらいは自分の奏でている音に集中できるよう
頑張りたいと思います。いつもありがとうございます。
これからも精進します。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ