切腹?(汗)



会社で、お茶を飲む時には
いつも「マイ茶碗」で飲むようにしています。

岐阜県で購入した、美濃焼の茶碗がお気に入りです。


切腹9

会社でお茶碗を持って移動していると、いつも珍しがられます。

「抹茶茶碗ですか? 古風ですね!
 どうして抹茶茶碗で飲んでいるんですか?」


古風ですか。。 たしかに古風かもしれません。
なぜでしょうか。なんとなく落ち着くからだと思います。


切腹8

カップで飲むコーヒーを飲み過ぎたときに
この茶碗の手触りや温かい質感を欲してしまう自分がいます。
中に入っているのは抹茶ではなく麦茶だったりしますが
飲んでいて落ち着いて穏やかな気持ちになるから不思議です。

「先日は、すいませんでした!ご迷惑をおかけしました。
 これ申し訳なく思う私の気持ちです。食べてください。


切腹7

お茶を飲んでいたら、いつも仕事をしている方が突然きて
そう言いました。なんのことか分からずびっくりしました(汗)
ある予定を急にキャンセルした事を、気にされていたようです。
よくあることです。全然大丈夫です。そんなこと気にしないでください。

そう思ったものの、これは絶対受け取ってくださいということで
お茶菓子をいただいてしまいました。申し訳ないです。
申し訳なく思う気持ちですってなんでしょうか??
恐る恐る開けてみたところ。。。


切腹6

最中が出てきました。
よく見ると「切腹最中(せっぷくもなか)」と書いてあります。
切腹最中。。申し訳なく思う私の気持ち。切腹。
そんなに大したことではないのに、切腹とは大げさです。
すごい名前の最中に驚いて、なんだかこちらが恐縮してしまいました(汗)
切腹最中というだけあって、真ん中でパカッと割れていて
そこにアンコがあふれんばかりに盛られています。

切腹最中、恐縮しながらいただきました。


切腹4

わっ。美味しい。。なんて優しい味なんでしょうか。
切腹という言葉からは想像もつかない
温かみのある甘さが広がりました。びっくりしました。

アンコのほどよいあまさが何とも言えません。
そしてアンコの中には柔らかい求肥も入っていて
食感も含めて体験した事の無い、最高な気分が味わえました。
面白い和菓子に出逢いました。切腹最中。
あまりの美味しさにこちらが切腹しなくてはと思うほどです。


切腹3

そして、またお茶を飲む事で美味しさが増幅されます。
若い頃は和菓子やお茶よりも、洋菓子やケーキが大好きだった気がしますが
いつの間にか、お茶と和菓子を愛する年齢になったのかもしれません。

そういえば、三味線も。。
以前は新しいアレンジ、現代的な三味線ばかりを求めていましたが。。
最近私の好みが変わって来ている感じがします。


切腹2

この前まで、私の中では
現代的にアレンジされた演奏や、洋楽風の三味線の演奏に憧れたり
ライブや人前で弾くための派手な曲や
大会で披露したいがための細かいテクニックにばかり
目がいっていたのですが、最近はそれらのことよりも
三味線本来の魅力を感じるような曲、そして津軽三味線らしい曲
よりクラシカルな津軽のリズムが流れる曲に心が弾かれているのです。

私の中で、何か心が変化し始めているようです。
洋菓子から和菓子へ。洋楽風な演奏から、伝統的な演奏へ。
自分の心の変化にあわせて、自分の曲を作り直すことにしました。


切腹1

なかなか曲が作り替えられず苦戦しながら
和菓子を食べていたらもっと自分も頑張らなくてはと思いました。

もっと本来の三味線らしい演奏を。そして津軽三味線らしい
リズムと間合を感じる演奏をしたい。日本人が和菓子に感じるような
甘さや優しさや、温かさや繊細さを感じる演奏をしたい。
本気でそう思いました。つい派手なフレーズや洋楽風な音をいれたくなる
自分を押さえる事が大変です。なんだか答えが見えなくなってきました。

いったん練習をやめて、名人の演奏を聴き込んでみました。
うわっ!名人ってすごいですね。驚きました。
私は今まで何をして来たんでしょうか。切腹ものです。

名人は切腹最中のような甘さや優しさや、温かさや繊細さを感じる演奏を
とっくにされているんですね。
名人の方たちがどれほど1音1音を大切にして
そして本来の三味線らしい演奏と、津軽三味線らしいリズムと間合を失わず
さらにそこに絶妙に新しいことを入れ込んでいる
そのすごさを感じました。反省です。
もう一度自分の演奏を見直して頑張りたいと思います。

このお茶を飲み、切腹最中を食べたら
今日も気を引き締めて三味線と仕事頑張ります。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ