本番前60分(汗)



荷物の運搬をスムーズにするために
ついに台車を購入しました。地味なアイテムですが
ボランティアでの運搬がとても楽になりました。


控え室7

台車を押しながら、控え室に向かいました。
本番まで1時間しかありません。音響のセッティング
三味線の準備、着替え、すべてを1時間で終えなくてはいけません。
急ぎたいと思います。控え室に到着しました。


控え室8

控え室のドアのところに
私の名前が書いた貼り紙がしてありました。
施設の方が貼ってくださったようです。ありがたいです。
この控え室でしっかり準備したいと思います。


控え室9

控え室のドアを閉めたら、ここからは時間との戦いです。
すでに時間は1時間を切っています。急がなくてはいけません
まずは音響機器のセッティングです、語り用マイクと三味線用のマイク
さらにアンプ、マイクスタンド、イーゼルなどを一気に組み立てます。


控え室6

音響の組み立てが終わったら、次は三味線の組み立てです。
3つに分解された三味線を1本に組み立てて、糸を張り直します。
そして糸をしっかり伸ばして調子を整えます。
ここの手を抜くと当日の演奏に影響してくるので
急いでいてもここはしっかり行いたいところです。


控え室4

三味線の準備が整いました。本番まであと30分です。
急いで衣装に着替える事にしました。着物でいきたいと思います。
着物は着たり帯を結んだりするのが大変ですが
気を引き締めて演奏出来るので、急いで着替えたいと思います。


控え室3

急いで着替えようとしたからか
あちこちにシワやたるみが生まれて、帯もなんだかゆるくなり
着物の着付けががなんだかグズグズな感じになりました(汗)
着物はあせらず、落ち着いて気合いを込めて
一回でしっかり着付けないと決まらないようです。
もう一度最初からやり直したいと思います。

施設の方がご挨拶に来てくださいました。


控え室2

着替えの途中で、かなり恥ずかしい格好ですが
仕方ありません。本日どうぞよろしくお願いします。
今日の演奏の思いや、お声がけいただいたお礼を伝えていると
残り時間が15分しか無い事に気づきました(汗)
なんとか残り時間で着物を着て
三味線を持って会場に向かいました。間に合いました。


控え室1

拍手で迎えていただきました。間に合って良かったです。
でも、肝心な事が出来ていません。

曲順を決めた紙を作っていませんでした。
「セットリスト」というそうです。

何を弾くか本番前に決めようと思っていましたが
そんな時間はありませんでした(汗)
さらにもう1つ出来ていない事があります。

三味線の練習がまったくできませんでした(汗)
楽屋で少し曲をおさらいして手を慣らしてからと
思っていたのですが、そんな余裕はありませんでした。

大丈夫でしょうか。
着物で出て来た私に対して会場から割れんばかりの拍手です。
セットリストも無い、本番前練習もしていない
私への期待はピークに達しています。
完全にぶっつけ本番です。でも腹をくくるしかありません。
こういう経験が「ひとり語り」にも役立つかもしれません。
こうして「本番」に強くなっていくのかもしれないと信じ
今日も頑張ってみたいと思います。

仕事も三味線も、本番で力をフルに発揮出来るよう頑張ります。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ