ベビーカーと三味線


ベビーカーを持ち上げて、階段を降りようとする
ひとりの女性の姿を見かけました。大丈夫でしょうか。

思わず、その方のところへ駆け寄ってしまいました。


ベビーカー8

私もお手伝いさせていただきます。

結構長い階段です。ゆっくり気をつけながら
一緒にベビーカーを抱えて降りていきましょう。


ベビーカー7

ベビーカーを水平に保ちながら
階段を一歩一歩、ゆっくりと降りていきました。

この体勢は、普段使い慣れない背中の筋肉を使うようです。
急に背中に「ビリッ!」と激痛が走りました(汗)


ベビーカー6

背中の筋を痛めたようです。
とはいえ体勢を変える訳にはいきません(汗)

途中でベビーカーをいったん降ろす訳にもいかず
背中がひきつれたまま一歩一歩階段を下りるしかありません。


ベビーカー4

けっこう長い階段です。
なんだか途中で冷や汗が出ましたが
背中の痛みなど気にしないようにして
ベビーカーを階段の下まで無事に運んで行きたいと思います。

水平をきちんと保つ事が大切です。


ベビーカー5

ベビーカーを水平にするのはかなり力が入ります。
これを普段、女性がひとりで行っていると思うと
かなり大変な仕事だと感じました。
しかも自分の足もとも見えにくく、
階段が長ければ長いほど危険度は増す感じもします。

なんとか下まで到着しました。ホッとしました。


ベビーカー3

女性の方から丁寧にお礼を言われながらも
普段仕事と三味線ばかりしか体を使わない自分の筋力不足を
心から反省していました。大変な方をいつでも手伝える体力を
持っていなくてはと思いました。「お気をつけて。」と言って
爽やかにお別れした後も、まだ背中がビリビリしていました(汗)

この後の、三味線の教室大丈夫でしょうか。


ベビーカー2

今日はじょんから節の1段を
生徒の方と一緒に弾かなくてはいけません。
背中側の筋肉がなんだかひきつれています(汗)
まさかベビーカーを持ち上げて背中が筋ちがいを起こして
今日はうまく三味線が弾けませんとはいえません。
痛たたたたたたたたたた。。。。

おそるおそる教室の椅子に腰を下ろしました。


ベビーカー1

あれ? 座ってしまうと意外と大丈夫なようです。
立っているのが辛かったのですが、座って三味線を構えたら
いつも通りの体に戻りました。良かったです。

「それでは今日のお稽古に入りましょう。」

そう言っていつも通りお稽古に入る事が出来ました。
みなさん三味線を一定の角度に保つ事が大変なようです。
背中や肩や首が痛くなるようです。
分かります。私も慣れない事をして同じ気持ちです。
でも大丈夫です。その痛みがなくなるころが
自然に出来るようになった状態です。
最初は大変ですが、いつか楽に感じるようになります。

痛たたたたたたたたたた。。。。
そんなことを言っている自分も、微妙な角度で
やはり背中に痛みを感じます。三味線は慣れてきましたが
ベビーカー助けはまだまだ初心者で未熟なようです。

すべての動きが自然になるまでいろんな経験を積んで
体力作りもしながら頑張っていきたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ