師匠の演奏のお仕事



師匠にお供させていただき、演奏のお仕事
に行かせていただきました。

と言っても、師匠の後ろで大勢の人に交じって
合奏部分を弾かせていただく感じなのですが
これが初めての経験でとても緊張しました。

合奏だから大丈夫。間違ってもソロほどわからない
と思っていたのですがあまかった。
全員で同じ曲を弾くので間違えた場合に
自分のところからだけ変な音がしたり
あきらかに人と手の動きが違ったり
間違いや練習不足が一目瞭然なのです

しかもまだ慣れない着物の演奏
初めて訪れた場所、初めてのお客さん、初めて人前で弾く曲
そして全員の弾くスピードの速さと正確さ
平気な振りをして演奏してきましたが
正直頭がくらくらして倒れそうでした
間違った音で師匠の舞台に迷惑をかけては申し訳ないので
できるだけ音が出ないように弾く方法はないものかとも
思ってしまいました(汗)

なんとか終了してお辞儀をして会場を離れた時は
自分の体に体重というものがなくなったのでは
と思うくらいフワフワした足取りになってしまいました。
ソロも合奏も簡単な演奏なんてない、どんな演奏も気が抜けない
という当たり前のことに、いまさらですが気づいて気が引き締まりました。

ソロも合奏もなんでも堂々とできるように
いろんな場面で演奏の機会を与えていただける師匠の温かさに感謝しながら
日々の練習をコツコツ頑張りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ