エレベーターの訓練



エレベーターのボタンの操作

会社のエレベーターに乗り込んだときに
行き先の階数を押すボタンの前に立ってしまうことがよくあります。
その位置にたった瞬間から自然とエレベータのボタン係になるのですが
これが簡単なようでいて、とても奥が深いのです。

三味線の世界の「間(ま)」の精神にも通ずる
絶妙なタイミングが、ボタンの操作に要求されている感じがします。

開いた扉を閉めるタイミングや
止まった階で開くのボタンを押すタイミング
押し続ける秒数、手を離すタイミング
閉まりかかった扉の向こうに乗り込もうとする人が
見えた瞬間に空けるタイミングが
ボタンを扱う人のタイミングにすべて委ねられているのです。
上級者になると、操作だけではなく乗り込んだ人に自分から
「何階ですか?」と確認する余裕まで出来たり、
扉が閉まる瞬間に乗り込もうとして走ってきた人に気づいて
開くのボタンを絶妙なタイミングで押してピンチを救ったりします。

私はとても不器用なので、ボタンのタイミングをあやまったり
急いで乗り込もうとしていた上司と目が合って
とっさに救おうと思って押したボタンが閉める方だったり(汗)
ぼーっとして自分の行き先ボタンをいれていなかったり
開くのボタンを押し続ける秒数が短くて人がぶつかったり
とにかく失敗することが多いです。

エレベータに乗り合わせた人たちに
後ろから全員に見られているような気がして
感じたくないプレッシャーまで感じてしまいます。
演奏もお客さんが正面ではなく、後ろから見ていたら
なんだか相当緊張しそうな気がします。そして

今日は2度もエレベーターのボタン係を担当しました

ただ今日はとてもうまくいきました。
何か機械とも乗り込む人とも降りる人とも間を合わせることができました。
三味線の練習とサラリーマン生活の練習の成果が
出てきているのかもしれません。
これからも不器用でも操作を怖がらず、
率先してボタンの前に経って間をあわせる経験を積んでいこう

と一人になったエレベーターの中で思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エレベーターのボタン係も修行なんて、超ストイック!
さすがです。見習わねば。

ちなみに今日ヒョンなことから邦風さんの会社の『役員専用エレベーター』なるものに乗る機会がありました。
やはり、造りからして違いました。うっとりです。

コメントありがとうございます!

コメントありがとうございます。
エレベーターのボタン係、避けてばかりだったんですが、
なぜか避けようとすると回ってくるので
最近は積極的に引き受けるようにしています(笑)

『役員専用エレベーター』噂はきいたことあります。乗ってみたいです。
作りも違うんですか?いつか乗ったとき、
ここで絶妙なボタンの操作をできるよう頑張りたいと思います。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ