名取りとセトリ




「もしもし邦風さん、今度のイベント近づいているので
 セットリ早めに送ってくださいね。」


あるイベントの運営の方から電話をいただきました。
セットリ? 切鳥? せとり? 何の事でしょうか(汗)
どんな鳥を早めに送れば良いんでしょうか。。
知らない事は、聞くしかありません。
すいません。セットリ?ってなんでしょうか。。


せとり8

恥ずかしながら勇気を出して聞いてみました。

「セットリストですよ。セトリ。知りませんか?曲順とか曲名とか
 流れが分かるリストですよ。今度持ってきてくださいね。」


セットリスト? あぁ、なるほど。セトリですね。
セトリ。。今度持ってきますので大丈夫です。
自分の非常識ぶりが恥ずかしくて
思わず知っている振りをしてしまいました(汗)
すぐにwikipediaで検索です。
「演奏する曲の一覧を順番に記した文書」だそうです。
了解しました。セトリを提出させていただくことになりました。


せとり7

「急がせてすいませんね。いろいろと役割の分担がありましてね。
 これがあればスムースなんですよ。それではセトリを確認しますね。」


そう言って私の作ったセトリらしきものを確認していただきました。
曲名、曲順、流れが分かるように書かせていただきました。
当日の舞台のイメージも手書きの絵で添えてみたりしました。
これでより舞台の雰囲気も伝わる気がしたからです。
どうでしょうか。そう思ってリアクションを待ってみたところ。。


せとり6

なんだかとても長い無言の時間が流れました。
運営の方のとても困ったままの表情も気になります。
もしかしたらちょっとデザインや装飾が足りなかったでしょうか。
もしくは、何か「セトリ」の解釈を根本的に間違っているでしょうか。

「根本的には間違っていないのですが、我々が求めている
 セトリとは大分違います。これを見てください。
 他の方の提出したセトリです。これがセトリです。」

そう言って本来求めている「セトリ」を見せていただきました。


せとり5

初めて「セトリ」を見て驚きました(汗)
これが求められている「セトリ」なんですね。
曲名、曲順、時間、必要な機材、段取り
MCのタイミング、照明のタイミングなど
こと細かに書き込まれてまとめられています。
私のは曲名と流れだけが書かれている
かなり大雑把なものだったようです。

「こういう細かいセトリなしでよくやってきましたね。
 普段は、どうして演奏や進行しているんですか?」


普段は会場に流れている空気と、聞いている方の表情で
曲を決めたり話を変えたりしています。


せとり4

お婆ちゃんが喜んでるなと思ったら
もっと喜んでいただけそうな曲を
お爺ちゃんが退屈そうだなと思ったら
誰も予想していない曲を、その場の空気でどんどん
話も演奏も進行も全体の時間も変えていきます。
聴いている方の気持ちにあわせていただくことが
私の演奏のやり方です。セトリらしきものはありません。

いろんな状況に合わせられるよう、日頃から
沢山の曲を自分のものにしておく事が大切です。


せとり3

この1年で、かなりの曲数を自分の中に取り入れました。
でも、まだまだ取り入れたいと思います。
どんなリクエストが来てもどんな曲が聴きたいと言われても
様々なボランティア先で、臨機応変に瞬時に
演奏で応えられる事が私の目指すところです。

津軽三味線は自由で、ダイナミックです。
細かい事に縛られず、語りも演奏も
変幻自在にその場の空気や聴いていただいている方の
心に合わせてかえていけるところが良さだと思っています。

「なるほど。なるほど。でもね、邦風さん。
 三味線の自由闊達な魅力は分かりましたが。。。
 でもそれでは困るんです。やっぱりセトリほしいんです。」


せとり2

あ、すいません(汗)
つい三味線の魅力や自由さを語ってしまいました。
いろんなパフォーマーが登場する舞台では
やはり事細かな進行が書かれたセトリは必要不可欠でした。

そしてその舞台ごとに求められるセトリがあって
そのフォーマットにあわせなければ
スタッフの方が混乱するということも学びました。
失礼しました。全力でフォーマットにあったセトリを作ります。

私の苦手なエクセルを使う必要があるようです(汗)
音楽とエクセルなんてかなり縁遠い感じもしますが
舞台進行においてはこのかっちりしたエクセルで作ったセトリが
みんなの安心感を呼ぶのかもしれません。


せとり1

えっと。まず挨拶。3分。暗転。スポットライト。
最初の曲。演奏2分30秒。照明明るくなる。RUN5分30秒。
語り。45秒。2曲目。やや暗転。マイク追加。
椅子の位置上手に移動。曲開始。。。

なんだか、淡々とした打ち込み作業で調子が狂います(汗)
当日の聴いている方の顔や表情も見えないまま
淡々と当日の事をデータとして打ち込んでいきます。
なんだか慣れなくて妙な感じです。。
三味線構えて、細かい事気にせずそのまま舞台に立った方が
良いパフォーマンスになりそうな気もしますが
それではいけないようです。
エクセルや計算機を駆使しながら
出来る限り冷静に、当日の進行を設計しました。

これも何かの役に立つかもしれません。
私の苦手として避けてきた作業です。
音楽的な作業ではありませんが、こういう理性的な作業が
当日の全体の進行をスムーズにして
運営していただく方にもサポートしていただく方にも
かなり理解を得やすく協力していただきやすくなるように思います。
そしてつい舞い上がりがちな自分をおさえ
当日のパフォーマンスを設計してコントロールする
重要な計算作業にも思えてきました。

今後のボランティアやライブにも相当役にたつかもしれません。

セトリって、音楽の台本と進行表のようなものに感じてきました。
当日演じる自分の台本と進行表を書いているなんて
なんだかゾクゾクします。
当日良い演技とパフォーマンスが出来ますように。
名取りのつくるセトリ。完璧にしてみたいと思います。
朝までエクセル作業頑張ります。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ