キッチンで思い出したこと



朝から、カルボナーラを作ってみました。
ある本で読んだ作り方で、カルボナーラを作ると
とても美味しく出来上がることがこの前わかりました。
1度うまくいったことに味をしめて、同じ材料、同じレシピで作ってみました。
絶対美味しくなると思ったのですがこれがなぜか美味しくない。
前と同じやり方なのに似ているけど違うんです。
何が違うんだろう。。

以前に、三味線演奏者のある方と飲んでいるときに
ふと料理の話になったときに言っていた言葉を思い出しました。

「三味線を弾くことと料理を作ることはとてもよく似ている」

ただその話の大切なところや続きがどうしても思い出せません。
きっとこんなことが言いたかったのではと私なりに想像してみました。

レシピ通り作れば同じ味になるかというと同じ味にならない
レシピ通り作ると美味しくなるかというとそうとも限らない

演奏も同じ楽譜でも弾く人によって弾き方によって同じ演奏にはならない
楽譜通り弾いてもいい演奏にはならない
きっとそういう趣旨でお話されたんではないかと思います。
楽譜通りの演奏をまずきっちりできるようになったうえで
そこから発展させて自分の音色を追求し
さらに、その場その瞬間、そして聞き手の心にあわせたいい音を
即興で出せるようになればそれがその瞬間の最高の音仕上がり
なるはず。さらにそこに心がこもるかも重要な気がします。
正直まだまだ楽譜通りも怪しい私には
気の遠くなるほど先の世界の話ですが。。

今日のカルボナーラの演奏ではいけない。
目の前のお客さんが美味しい!と言ってくださる演奏でなくては。
まずはレシピ通りできるように頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもストイックですね!
『三味線道』のような熱を感じます。
がんばってください!
かげながら応援しています。

ありがとうございます!

コメントありがとうございます。
『三味線道』って素敵な言葉ですね。
三味線の熱が下がらないように
これからも燃やし続けたいと思います!
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ