中学校にやってきました(汗)



ある中学校に到着しました。

音楽の先生と挨拶し、三味線の演奏の準備です。
授業時間に演奏するなんてドキドキします。


中学7

「キーーン、コーーーン、カーーーン、コーーーーン。」

チャイムが鳴りました。この音懐かしいです。
1時間目が終わって、休み時間になったようです。
しばらくすると、何人かが走ってくる足音が聴こえます。
気がつくと、すでに入り口のところに数人の中学生が来ていました。


中学6

私のほうを見ながら、恐る恐る教室に入ってきます(汗)
いつもの部屋に謎な楽器を持った大人がいるので、仕方ありません。
そんなに怪しいものじゃありません。どうぞ入ってください。

どんどん教室に入ってくれました。あっという間に教室が満員です。


中学5

この教室に、こんな人数入るんですね。驚きました。
ミーティングルームという部屋だそうです。
沢山の人数が入れるよう、机や椅子がない部屋でした。
そのため床に座って私の演奏が始まるのを待ってくれています。

懐かしいです。「体育座り」です。


中学3

みんな体育座りしながら、真剣な顔で私の方を見ています。
沢山の10代の中学生が見ている前で、三味線を構えている自分が
不思議な気持ちになりました。私は何者で、何でここにいるのか
一瞬分からなくなりました。チャイムが鳴って、我に返りました。

津軽三味線の演奏に来ていたんでした(汗)
授業スタートです。演奏を始めさせていただきます。


中学8

ゆっくりバチ付けをはじめて演奏スタートです。
30歳近く年齢の離れた中学生に何かが伝わるでしょうか。
心の距離は縮められるでしょうか。心配しながらも演奏を続けました。
演奏に気持ちがこもります。気持ちが伝わりますように。
心が伝わりますように。丁寧に演奏を続けていきました。

何曲も演奏するうちに、教室の空気が変わっていくのを感じました。


中学4

拍手の音に、気持ちが伝わってきます。
私への警戒心がなくなっていることを感じます。
笑顔がこぼれはじめました。三味線の音ってすごいです。
始めて会った中学生の心にも直接何かを語りかけている感じがします。

私にも遠い昔に中学生だった時期があったことを思い出します。
中学生の時の自分。その時の気持ち。心。感覚。
中学生の自分に演奏を聞かせるつもりで弾いてました。


自分を振り返っても、中学生は多感な時期です。
大人に対しても異性に対しても壁を作る頃のような気がします。
言葉に対して敏感な時期です。大人や他人の言葉を疑う時期です。

中学2

でも音に対しては、一番素直で直感的だったように思います。
耳にする音から沢山の事を感じて影響を受けていました。
私が三味線の音に感化されたのも同じ思春期です。
極力語る言葉を減らし、演奏に集中してみることにしました。

いつもの老人ホームとはまったく違うアプローチです。
ドキドキしながら、最後の曲を演奏し終えると。。

教室中に響く心盛大な拍手をいただくことができました。


中学1

嬉しかったです。
何かが伝わったのか、何も伝わらなかったのかは分かりません。
でも何かが届いた実感があります。

全力で、一番集中した良い演奏をする事が出来ました。
三味線の糸を通して、心の距離や年齢の距離が
ぐっと近づいた事を、拍手から感じました。
三味線を少し身近に感じてもらえたら嬉しいです。
そして必死で頑張る大人を少し感じてもらえたら嬉しいです。
私も、忘れかけていた中学生の自分を思い出す事も出来て
見失っていた大切な気持ちを取り戻した感じがします。

もっともっと純心に、思春期の気持ちで
三味線を頑張りたいと思いました。
まっすぐに無垢な気持ちで仕事と三味線頑張ります。



 
 ■学校での演奏の様子はこちらで見られます。
     ↓
 http://kunikaze.jimdo.com/学校での演奏/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ