ヘルパーの仕事


ライブを終えたら、ボランティアの演奏活動です。

1時間の演奏時間の中で、津軽三味線を13曲弾きました。
盛大な拍手をいただき、嬉しいです。


ケアマネージャー7

拍手を聴いてほっとしながらも、その後ろの方にいる
施設の方や、ヘルパーの方の姿が目に入りました。

いつも私の演奏を一生懸命盛り上げてくださる方々です。


ケアマネージャー6

この方達の仕事は本当に尊い仕事です。

先日、訪問演奏の時に、この方達の仕事ぶりを間近で見ました。
ちょうど三味線を片付け帰ろうとした時に
ヘルパーの方が現れました。


ケアマネージャー5

まだ20代の若い青年です。気持ちのよい笑顔で
ご家族の注文や要望に丁寧に一生懸命答えています。

そして一通り会話をした後、ご病気の方に話しかけながら
抱きしめるようにその方の体を持ち上げました。


ケアマネージャー4


「ね、お待たせしましたね。大丈夫です。また来ましたよ。
 大分力がつきましたね。はい、じゃあゆっくりね
 お体を拭いていきますね。」


優しい話しかけ方です。なんだか心を掴まれました。
20代の若者の丁寧で優しい話しかけに驚いてしまいました。


ケアマネージャー3

「あ、少しね、全体に汚れてしまっているようですね。
 でも良かったですね。健康な証拠ですね。私が来たからね大丈夫ですよ。
 良かったですね。では綺麗にしていきましょうね。」

ずっと笑顔で丁寧に話しかけて、体を拭いている若者を見ていたら
なんだか三味線を弾いて帰るだけの自分が、恥ずかしくなってきました(汗)


ケアマネージャー2

この方の仕事ぶりを横で見ていて、すごいと思いました。
とても20代の仕事ぶりとは思えないほどしっかりと
しかも責任をもって一人の方に対してきちんと頑張られています。


一人の人と向き合って真剣に頑張られている姿でした。
私ももっとボランティアの演奏頑張らなくてはと思いました。
ボランティアの演奏、気を引き締めて着物で演奏しました。


ケアマネージャー1

私は時々訪れて、三味線を演奏するだけですが
この方たちは日々訪れて、自分の出来るベストを常に尽くしています。
真剣に毎日、ご病気の方や年老いた方々と向き合っている方たちが
私を呼んで演奏して、ケアしている方々を喜ばせてあげてくださいと
お願いしてきてきているということの重みを感じました。

私の演奏は、いろんな方の気持ちに応えられているだろうか。。
20代のヘルパーの方の顔を思い浮かべながら演奏しました。


ケアマネージャー0

この方たちの仕事は本当に大変で、真剣で、地道です。
そしてとても尊く、素晴らしい仕事です。
日夜、気が休まる事もなく働いている施設の方や、ヘルパーの方の気持ちに
応えられる演奏になっているかどうか、そんなことを考えると
自分の演奏の未熟さに許せない部分が出てきます。

もっと心の底から喜んでいただける演奏をしたいです。
もっと自分に厳しく、もっと人に優しく語りかける演奏が出来るよう
腕を磨いていきたいと思います。
反省しながら、今日も三味線と仕事頑張ります。



■本日の演奏の様子です。http://kunikaze.jimdo.com/ボランティア2/

■SABOWさま、その日は私も出張になってしまいました。残念です。来年ぜひ実現しましょう。
 (どうしてもメールが跳ね返ってしまうため、こちらで書かせていただきました)
 





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ