「 IN 」してみました(汗)


シャツの裾を、ボトムスの中に入れることにしました。

シャツの裾を出して着ることが多かったのですが
今はボトムスの中にINするほうが主流のようです。


ベルト8

「ボトムスの中にINする」という言葉も使ってみたものの
「シャツの裾をズボンに突っ込む」のほうがしっくりきます(汗)

やってみると、少しだけ気持ちが引き締まる感じがしました。


ベルト7

今まで、シャツの裾で隠れていた「ベルト」が丸見えになります。
昔から使っている古いベルトが丸見えになってしまいます。
なんだか急に恥ずかしくなってきてしまいました(汗)

ベルトを買うために渋谷の古着屋さんに行く事にしました。
店内にある、さまざまなお洒落な「ベルト」の中から
気に入った1本を選びレジに持って行くと。。


ベルト6

「お客様、こちらの商品、試着の方はされましたか?」

そう聞かれました。試着? なるほど。試着ですか。。
ベルトで試着とは考えていませんでした。でも大丈夫です。
ベルトは大抵少し長めで、それを家で切ったりつまんだりして
自分のサイズに合わせるので、特に試着はしなくて大丈夫です。


ベルト5

そう言って試着はせず、ベルトを買わせていただきました。

三味線の駒やバチも、最近では三味線屋さんに頼まず
自分で自分の使いやすいように調整しています。
ベルトも、自分で帰ってから長いベルトを
自分の使いやすいサイズにチョキチョキ調整してみます。

自宅に帰ってから、まずどれくらい長さが余るベルトか
実際につけてみる事にしました。
ん??? あれ????????????



ベルト9

え??? なんで?? 何でしょう。このベルト。
どれくらい余るベルトなのか試そうと思ってつけてみたのに
余るどころか、ベルトの端と端がくっつきません(汗)
え?? これどうなっちゃってるんでしょうか。
普通は買ったばかりのベルトは長いのが普通のはずなのに。。
私が太ったんでしょうか(汗)ベルトが短いんでしょうか。
お腹をへっこませてもまったく端と端が近づきません。


ベルト4

あああああぁぁぁぁ、なんと言う事でしょうか!
まったくベルトが私の胴のサイズに足りていません(汗)
どうやら、かなり長さの短いベルトを買ってしまったようです。

「こちらの商品、試着の方はされましたか?」

店員の方が、私に確認した意味が今さらながら分かりました。
買ったばかりのベルトは少し長めという常識は
古着屋さんにはあてはまらない常識でした(汗)
前にこのベルトを身に着けていた方はかなり細身だったようです。


ベルト3

私のこのベルトの結べない姿の間抜けさが、自分でも嫌になります(汗)
若い頃の服が体に合わない、太った中年の姿そのものでした。
悲しいかな、これを身につけていた方は
私と違って驚くほど、かなりモードなファッションの方かもしれません。
ベルトの半端じゃない短さから、かなり腰の細い若者を想像しました。
中年の私の胴にあうわけがありません(汗)失敗です。
まさか、私がそんなモードなベルトを選んでしまっていたとは。。

ベルトもきちんと試着したうえで買うべきでした。
いい加減な買い物をしてしまった自分を反省しつつ
改めて洋服って選ぶのが難しいと感じました。


ベルト2

今の時代のファッションを少し洋服に取り入れようと
せめてベルトだけでも少し良くしようと思っただけだったのですが
無惨な形でファッションからはじき飛ばされてしまいました(汗)

やはり私には着物です。着物は私に優しい感じがします。
そして日本人の体系に優しく、中年にも優しいところが素晴らしいです。
袴をはく時におしゃれな流行のベルトはいりません。
どんな体系であろうと、どんな腰回りのサイズでも
紐をきつく結ぶ事で体にぴったりとフィットしてくれます。
自分の着付け方次第でゆるくすることもきつくすることも可能です。


ベルト1

着物って素晴らしいです。
丁寧に扱えば、かなり長い間その着物を着ることが出来ます。
そしてきちんと着付ける方法を身につければ
多少体型が変わっても、その時の体型に合わせて調整できます。
流行で着付け方が変わる事もありません。呼び方が時代で変わる事もありません。
あぁ、着物って素敵だな。日本人の知恵と優しさがつまっています。

買ったのに締められない可哀想なベルトを見ながら
改めて着物の良さを実感しています。
「着物」がある国に生まれて良かったと思いました。
袴の紐をきつく締めて、ぐっと気を引き締めて
週末の三味線の1時間の演奏頑張ってまいります。



  にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
  にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title


モードなベルトを選んだのですね!
写真を拝見すると、ブルーのパンツによく似合うとっても素敵なベルトです♪
しかし長さが足りないとは・・・ショッキング映像でした。笑

ファッションからはじき飛ばされたと言うフレーズも、
本当に可笑しく、悲劇であるのに笑いが・・・
どうか、よい長さのベルトが見つかりますように!

着物はいいですよね。
多少の体の粗は、着付け次第でカバーしてくれます。
週末の演奏、着物でがんばってください!

頑張ります!

Lさま

コメントありがとうございます。
バックルが黒いくらいしか特徴が無いのですが
いちばん普通のものを選んだつもりでした。
かなりモードなベルトだったようです(汗)

買ったベルトの長さが足りないというのは
初めてでした。びっくりしました。
「渋谷の古着屋で買う」という事を軽く考えていました。
もっと慎重に、かなり通な目を持って、きちんと試着して
冷静沈着な気持ちで古着屋に向かうべきでした。

反省しながら、週末の着物の用意をしています(汗)
着物は素晴らしいです。着物の優しさと温かさに感謝しながら
明日の演奏頑張ってきます。コメントありがとうございます。
着物を着て、気を引き締めて演奏頑張ります。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ