ゲスト奏者 邦風(汗)


お祭りの「櫓」は、いつも下から見上げるのがばかりでした。

まさか、自分が櫓の上に上がらせていただく事になるとは
夢にも思いませんでした。びっくりしました。




櫓への階段を1歩づつ上がりながら
本当に私が櫓の上に立って良いのか、なんだか恐縮してしました(汗)

さらに恐縮してしまったのは、今回の私の扱いです。


YAGURA1.jpg

自分の出番や時間を確認するために見たタイムスケジュールで
私が「ゲスト奏者」という扱いになっていることに気づきました。

津軽三味線、ゲ、ゲスト奏者、澤田邦風。。。。


YAGURA6.jpg

あ、ありがとうございます。びっくりです。
こんな私をすごい扱いにしていただいて恐縮です(汗)
期待に応える演奏をしなくてはと思います。

ますます櫓に上がるのが恐ろしくなってきました。。


YAGURA2.jpg

念願の「櫓」での演奏です。さらに「ゲスト」としての演奏です。
櫓も高さがありますが、ゲストという扱いの高さもなかなかです(汗)
でも、ここは覚悟を決めて演奏に挑みたいと思います。

ドキドキしながら、人生初の「櫓の上」に上がります。


YAGURA8.jpg

初めて見る櫓の上は、どんな光景でしょうか。
恐る恐る櫓の上にあがり、ゆっくり周りを見渡してみると。。
いつもとは全く違う光景が広がっていることに気づきました。

いつも感じる「人の気配」が、自分の目の前にありません。


YAGURA4.jpg

櫓の上からだと、聞いてくださる方の顔が目の前になく
かなり下の方にあって、そして距離が離れて感じました。
櫓の高さや、沢山の人の期待を感じてドキドキしてしまいましたが
こんな時こそ、落ち着いて基本を大切にしたいと思います。

目線の位置は正面より斜め下に置き、演奏に集中です。


YAGURA7.jpg

どんな舞台でも、目線を斜め下に固定していれば動揺は少なくなります。
このあまりにいつもと違う高さのある不慣れな舞台で
そしていつもよりプレッシャーの高い状況で実践してみます。

目線を固定して、音に集中して、心を落ち着かせたところ。。
最後までしっかり自分の演奏する事が出来ました。


YAGURA3.jpg

音に集中する事が出来たうえ、しかも離れた位置にいる方々の
気持ちも感じながら演奏する事ができた感じがします。

櫓に上がるまではかなりドキドキしていましたが
最終的には自分が今、とても高さのある「櫓」にいることも
「ゲスト奏者」として呼ばれている事も忘れて
演奏をしていて楽しくなる瞬間がとても沢山ありました。

沢山の拍手をいただきながら櫓を降りる時に
何かを乗りこえた手応えを感じました。
それが何かは自分でもよくわかりませんが
確実にいままでつかんでいなかった何かをつかめた感じがします。
錯覚かもしれません。勘違いかもしれません。
でも言葉にはできない「自信のようなもの」を持てた気がして
なんだか清々しい気持ちで櫓を降りました。。

櫓に上がって何かが変わった気がします。
こんな素敵な舞台にあがらせていただいて感謝しています。
今日も三味線と仕事頑張ります。



■「秋祭り」での櫓の上での演奏の様子はこちらで見られます。
  http://kunikaze.jimdo.com/お祭り-イベント/

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい経験でしたね。
私もいつか聞きたいです。
応援しておきました。ポチッ

ありがとうございます!

コメントをいただいた方へ

温かいコメントありがとうございます。
応援も嬉しいです。これからも演奏頑張ります。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ