超回復


仕事が予定よりも早く終了しました。

会社の先輩から、飲みに誘っていただきましたが
寝不足気味なので、次回に参加させていただくことにました。


超回復9

たまには早めに帰宅して、体を休めようと思います。

そう思って乗り込んだ電車の中で
先日行った三味線の演奏の事を考えていました。


超回復8

ある曲を初めて本番で演奏しましたが、上手くいかなかったのです。

練習の時には何の失敗もなく、全く心配していなかったのに
本番になった途端、リズムがもつれて、ツボも怪しくなりました(汗)
この曲を本番にかけたことを少し後悔していました。
悔しく、恥ずかしい記憶となって心に残ります。


超回復7

本番でうまく行かなかった演奏は、なかなか忘れられません。
練習が足りなかったのか、弾き込みが足りなかったのか
そもそも本番にかけるのは難しい曲なのか。。。。

気がついたら、大久保の三味線教室に来ていました。


超回復4

お稽古がなくて、空いている教室で、一人練習しようと思います。

本番でうまくいかなかったからといって
その曲をすぐに自分の中の「苦手リスト」にいれたり
本番にかけないように「封印」してしまっては
なんだかもったいない気がしてきました。


超回復3

なぜ本番がうまくいかなかったのか
その原因を見つけていきたいと思います。

最近、「超回復」という言葉を知りました。
傷ついたり、切れたり、弱くなったりした神経や細胞が
回復する時に、前よりも盛り上がって、太くなって
強くなることをいうそうです。


超回復6

皮膚が盛り上がったり、接合部が太くなったりして
前よりも強く頑丈な状態になるなんて、人間って不思議です。

「超回復」というこの考えを、三味線の稽古にも生かそうと思います。
失敗した曲を、何度も稽古し直す事で、演奏法を修復し
前よりも確実に太く安定した演奏にしていきたいです。


超回復2

「超回復」を効果的に促すには、強い負荷をかけることが重要だそうです。
練習中も、周りに人が見ている事をイメージしながら
本番の気持ちで何度も演奏を繰り返し行いました。
何度も繰り返すうちに、リズムとバチさばきが体に馴染んできました。
何時間も練習して、ようやくこの曲がつかめた気がしました。

次の演奏では、前よりもきちんと弾ける感じがします。
教室を出る時には、少し自信も出ている自分に気づきました。


超回復1

苦手な曲リストにいれてしまったり、封印するのではなく
失敗した曲をもう一度しっかり稽古してみてよかったです。
前回よりもこの曲の大切な間やリズムをつかめた気がします。
そしてこの曲の世界観を、前よりも理解出来てきた気がします。
あぁ、早く次の本番でこの曲を弾いてみたいです。
超回復です。前よりも、頑丈な太い演奏ができる気がします。

あ!もう1つ大切な事があるのを忘れていました。
超回復を効果的に促すには、十分な休息だそうです。
教室に立ち寄ってしまいましたが
早く帰って体を休めようとしていたことを思い出しました。
体を休めて、完璧に超回復しながら
今日もしっかり三味線と仕事頑張ります。



にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ