書と音楽



書家の春陽さんの語る、「書の楽しさ」に興味がありました。

自分の気持ちや心を素直に書として表現できたら素敵です。
春陽さんの「書」のワークショップを体験してみることにしました。


書1

まずは硯で「墨をするところ」から始まりました。

「墨をする」なんて何十年ぶりでしょうか。懐かしい感覚です。
墨をすっていると、不思議と心が落ち着いてきます。


書4

最初は硯に水を入れたはずなのに、すっているうちに
途中から黒い墨に変化し、墨の香りが立ちこめてきました。

墨がすれたようです。ゆっくりと筆を墨にひたして
いよいよ書をスタートさせることにしました。


書3

真っ白な紙に向かって、自分の心にふと浮かんだ言葉を
そのまま素直に書いてみてくださいとアドバイスを受けました。

私の心に、ふと浮かんだ言葉。。。。


書2

どんな言葉が浮かぶでしょうか。考えてはいけません。
頭で考えず、心に浮かんだ言葉をそのまま筆に伝えたいと思います。

どんな言葉が出てくるでしょうか。。筆に任せて書いてみると。。
なぜこの文字なのか自分でもビックリしました。
「楽」という文字が出てきました。


書6

なぜ「楽」という言葉が出てきたのか分かりません。
「楽しい」気持ちだったからかもしれません。
「楽」な気持ちで書に向き合っていたからかもしれません。
そういえば兄弟子の「邦楽さん」と同じ「楽」の文字です。
どことなく邦楽さんのような、明るく力強く元気な文字が書けました。
聴いている人に元気や力を与える邦楽さんの演奏のような雰囲気です。

ふと、自分の名前である「風」の文字が心に浮かびました。


書5

邦風の「風」という一文字を書いてみたいと思います。

教科書通りに、お手本通りに書く必要はありませんと
春陽さんに教えていただきました。どう表現するかが大事なようです。
自由に激しく、力強く吹き荒れるような
かっこ良い「風」を表現してみたいと思います。

どんな感じに書き上がるでしょうか。。


書9

書けました。いっきに書き上げたので、筆がかすれて
自分でも思いもよらない仕上がりになりました。
こんな感じの、やや荒削りで、力強い、豪快な演奏が出来る
演奏者になれると良いなと思いました。でも、書いてはみたものの。。

どことなく、現在の私の演奏のイメージとはかけ離れていて
なんだかしっくりきません(汗)今の私の演奏のイメージ。。。
改めて、私が思う、「現在の私の演奏イメージ」を
書で表現して見ることにしました。

どうなるでしょうか。。。


書8

ああ、こんな感じです。書けました。これが私な気がします。

多分私の現在の演奏は、こんな印象のような気がします。
何だかアンバランスで、線が細く、不安定で
頼りない感じが漂う、ひょろひょろな書が出来ました。
あぁ、もっとどっしりと腰を据えた骨太な演奏が出来るようにならないと
いけないなと、自分の「書」を見つめながら反省しました(汗)
津軽三味線らしい力強さや独特の落ち着きと骨太さを
もっと身につけなくてはと思いました。

書ってすごいです。自分の心や、現在の自分が筆を通して
そのまま現れるようです。その後も、何度も自分のなりたい姿を求めて
何枚も何枚も「風」という文字を書き続けました。
春陽さんのワークショップに参加させていただいて
私はどんな演奏をしたいのか、どんな自分になりたいのか
おぼろげながら見えてきた感じがします。
筆を握りながら、自分と自分の演奏を見つめ直す
不思議な時間を過ごすことが出来ました。

このワークショップに参加させていただいて良かったです。

なりたい自分になれるよう、自分の求める演奏が出来るよう
背筋を正して、今日もまた三味線と仕事頑張ります。



にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

名は体を表す。
字は体を表す。
書は人なり~とかなんとか、
やはり字はその人の人柄が出るものなのでしょうか?
ふと自分の雑な字を見て恥ずかしくなりました。
そういえば何事も雑かも~。
もう少し何事も丁寧にしなくちゃと反省致しました。

気づかせて頂きありがとうございます。

お仕事そして津軽三味線頑張って下さい。
邦風ブログファンより


本当ですね!

コメントをくださった方へ

ブログを読んでいただき
コメントもいた頂いてありがとうございます。

私の書はなんだか我流で
お見せするのもお恥ずかしい限りですが
今の自分がそのまま出ている感じもします。

名は体を表す。字は体を表す。書は人なり。
コメントを読ませていただいて
まさにそうだと感じました。
人格が書にすべて表現される感じがしました。
演奏する音にも同じことが言えそうな気がします。
もっと自分を磨き上げなくては
書も音も良いものにならない事を感じました。

いろんなところで汗かき恥かきながら
自分を少しづつ磨いて行きたいと思います。
これからも三味線と仕事頑張ります。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ