せいろうどん


先日、兄弟子が私を昼飯に誘ってくださいました。

普段は昼食をとらない生活をしていますが
せっかくのお誘いなのでご一緒させていただきました。


うどんと兄弟子8

二人で教室の近くのうどんやさんに入る事にしました。
お店に入ると、うどんつゆの良い香りがしました。
私はせいろうどんにして代金を払おうとしたところ。。

「この2つの会計一緒でお願いします。」


うどんと兄弟子6

別々に会計しようとしていたので、兄弟子の言葉にびっくりしました。
自分の分をあとから兄弟子に払おうとしたのですが
これ位いいからと断られてしまいました(汗)

せいろうどん、兄弟子におごっていただきました。


うどんと兄弟子7

会社では、いつの間にか後輩に食事をおごることが多くなっていたので
食事をおごっていただいたのが久しぶりで、なんだか恐縮しました(汗)
兄弟子の粋なはからいに感謝しながら、二人でうどんをすすりました。

「三味線頑張ってるけど、仕事や会社、大丈夫?」


うどんと兄弟子5

うどんをすすりながら、仕事の話、生活の話など二人でしました。
いつもはお互い三味線の話ばかりしていて
あまり仕事の話や生活の話はお互いにしなかったのですが
うどんをすすりながら男二人でいろんな話をしました。

うどんのお礼を兄弟子に伝えてお店を出る事にしました。


うどんと兄弟子1

そしていろんな話を聴いていただき感謝しております。
もしかしたら、いろいろと心配してくれていたのかもしれません。
うどん屋さんに誘っていただいてありがとうございます。
せいろうどんうまかったです。ごちそうさまでした。

お店を出たところでもう一度お礼を言おうとすると。。


うどんと兄弟子4

「やっぱり大事なのは前バチをいかに、しっかり沈めるかなんだよ。」

もう三味線の話に戻っていました(汗)
そして先日行った演奏の話、これから改善してくべきところ
どうすればもっと良い演奏が出来るか
名人の音の出し方など、三味線について熱い話になっていきました。
信号待ちの間も三味線についての話は加熱していきます。


うどんと兄弟子3

「いや、もっとこれでもかという音の出し方が必要なんだよ。」

ツボをはずさず、いかに音を伸ばして出せるか
そして良い間とリズムで演奏し続けられるか
兄弟子の探求している三味線の演奏の哲学を教えていただきました。
教えていただいた事を自分の演奏に取り入れていきたいと思います。


うどんと兄弟子2

一人、稽古部屋で三味線の演奏を練習しながら
おごっていただいた、せいろうどんの美味しさと兄弟子の言葉を
何度も思い出していました。これからの三味線道を極めて行くうえで
とても背中を押してくれる言葉をいただいた気がします。
兄弟子はずっと三味線のことを考えているということも実感しました。
もしかしたら、うどんを食べていた時以外は
ずっと三味線のことを考えているんじゃないかと思うほど
三味線について、音の出し方について、考え続けている気がしました。
私も見習わなくて探求していかなくてはと思います。

兄弟子に感謝です。もっと良い演奏が出来るようになって
せいろうどんの恩返をしたいと思います。
今日も三味線の稽古とボランティア頑張ります。



■12月に兄弟子と行う津軽三味線のカフェコンサートの演奏の告知物をいただきました。
 入場料は無料です。ぜひ遊びにきていただければと思います。

20161217カフェコンサート(津軽三味線)

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ