プロの対応力


師匠の演奏のお仕事をお供させていただき
本番で、沢山の事を学ばせていただきました。

本番直前に、急遽、演奏の内容を大幅に
組み直す事になり焦りました(汗)


南町田1

本番直前にも関わらず師匠は
まったく動じることなく、求められる形に演奏内容を構成し直していました。
どんな状況にも臨機応変に対応できる力が必要だと学びました。

当日の内容の変更にドキドキしてしまう私は、まだまだ未熟です(汗)


南町田2

主催者の方が求める形に、どんな形でも変幻自在に
演奏内容を変えていく対応力や余裕があること、そのために持っている
「引き出しの多さ」こそプロのすごさだと実感しました。

そんなことを考えながら、先日、町田の施設で演奏をしていました。


南町田3

1時間心を込めて演奏をさせていただき
無事終える事が出来ました。ホッとしました。
途中で、予定と違う事が起きたり、思っている進行と違うことになると
ついドキドキしてしまう自分の未熟さを感じます。
でも、私も、少しづつでも、こうして本番経験を多く積んで
臨機応変に施設の方の要望や、聴いてくださる方のリクエストなどにあわせて
すぐに演奏内容を組み立て直せる「対応力」や「引き出し」を
増やせるようにしていきたいと思います。


本日は北区にて本番の演奏をさせていただきます。
自分をしっかり鍛えられるよう、頑張ります。


■町田での演奏の様子です。https://kunikaze.jimdo.com/ボランティア3/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ