3月という季節

淋しい

もうすぐ春になりそうです。

冬から春になる感覚が好きです。
だんだん温かくなって、桜も咲いて、考えるだけでワクワクします。
ただ一つだけ、いつも気がかりなことがあります。
サラリーマンにとっては3月は送別会の多い時期なんです。

部署移動、退社、転職などの知らせを聞いて
驚きながらも、戸惑いながらも、思い切って去り行く人を
盛大に送り出す時期でもあります。

これが本当に寂しく切ない季節なのです。

通常は送り出される人が嬉しくも、切なく寂しいはずで
その気持ちを分かって華やかに送る会を開くべきなので
明るく楽しく盛り上げようと頑張りますが、
やっぱり送り出す方もかなり寂しいものですね(汗)
せっかく話せるようになって仲間や、
同じ時間を共有した人が離れていくのはとても寂しいです。

送別会の元気さや華やかさとうらはらな
翌日の朝、寂しい気持ちからはじまる
地味な日常とのコントラスト。
同じことを残って続けていく寂しさと地味さ。
送別会の翌日はシーーーーーンという音さえ感じてしまったりもします。

「三味線やめます。やっぱり忙しいので。仕事もあるし。」

この言葉によく出会います。
私が習っている稽古時間の前の時間や後の時間に習っている人が
そう話すのを何度も耳にしました。
いい加減ではなく、何年も技術向上に頑張っていた人が
気づくとこんな言葉を言ってやめていきました。
残念な気持ちと寂しい気持ちでいっぱいになります。
でもどんな事情かきかないのが暗黙のルールになっています。
残念な気持ちは、時間を費やした本人が一番感じているはずなので
せっかくなのに残念ですとも言わないのがルールです。

「頑張ってくださいね!違う世界で、ぜったいうまくいきますよ!」
そんなことを言いながら、事情や理由は聞かず分かれます。
どんな世界にいくのかはわかりませんが、次の道を心から応援したいと思います。
同じ道にいた人ががやめていくのは、なんともつらいものですね。
何年間も一生懸命いろんな技と心を教えていた先生の気持ちを考えると、
少し胸がつまります。考え過ぎかもしれませんが(笑)

そんなことを言っている私もどこまでやれるかわかりませんが(汗)
気持ちを言葉にしておくと、自分への約束になっていいかもしれないと思いました。

仕事と三味線、これからも頑張り続けます
気力や体力がきれるまで、やれるところまでやってみようと思います。
地味なことを自分のペースで頑張り続けます
私には派手な技もなければ個性もないので、コツコツ頑張ります。
やめないようにします
好きで入った世界なので、やれる限りは限界までやってみようと思います。
とにかく、続けて頑張らなくては
今までの自分に申し訳ない気がして。。

師匠や兄弟子、姉弟子、応援してくれた方にも申し訳ない気がして
まだやってるの?と言われるくらいまでやります
お爺ちゃんになる頃には少しはうまくなって味もでる仕事や演奏が出来る気がします(笑)

サラリーマン三味線。
いろんな出会いや別れを繰り返しながら
地道な努力を続けながら今日も頑張ります。。。(汗)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、邦風さん!

並々ならぬ決意ですね。
おじいちゃんになった邦風さんの三味線も聴いてみたいです。
きっと渋くて情熱的な、そして味わい深い演奏なんだろうなあ。

昨夜、食事をしていたら『送別会』の団体と一緒になりました。
独特の雰囲気があるから、すぐに分かりますね。
そんな中にあって『サラリーマン三味線』への思いを新たに
している邦風さん!やっぱりサスガです。

コメントありがとうございます!

はい、おじいちゃんになっても
仕事と三味線を続けていこうと思います(汗)
体力は落ちても、味わいのある仕事や演奏に
なりそうな気がします。どんなことも
私には才能やセンスの賞は無理でも
「努力賞」を狙ってコツコツ頑張ります。
送別会は送る側になることが多いのですが
送られる側は相当寂しいですよね。
みんな精一杯元気に送り出してあげたい気持ちが
あの送別会の雰囲気を作るんでしょうね。
私も元気に送り出して心から応援したいです。

何度も

何となく仕事や雑務に追われ余裕がなくなると、やはり趣味を切り取る方向に行きますね…生活の一部になればまた違うと思いますが、続けていくって大変なんですよね!!私も何度も仕事のせいにして止めようかなと考えてましたでも結局は続けてます(汗)
私の会社では人事異動やら組織編成の見直しやら騒がしくなって来ました。
ベテランさんが今年も何人か去ります、淋しいですね…邦風さんおじいちゃんになっても三味線続けて下さいね!!またブログもお願いします いつかお互いの腕前聞く日が来ることを祈ってます 

今日

今日のサスペンスは津軽の物語で三味線が出ます やはり雪国の三味線は風情がありますね 鳥肌です。やはり止められませんね

Re: 何度も

はい、私も仕事が忙しいと続けることが危うくなりますが、毎回意地で頑張っております(汗)
続けていれば少しづつでも上手くなると信じています。
サーフさんの会社も移動や編成で慌ただしいんですね。私の所も同じです。
寂しい分かれと、新しい出会いと、会社の中にはいろんなドラマがありますね。
応援ありがとうございます。いつかタイトルが
「おじいちゃん三味線邦風」や「ご隠居三味線邦風」になっても
三味線とブログ続けて行きます(笑)

Re: 今日

あーーー!!それ見たかったんです。まだこの時間も仕事が終わっていなくて、見れませんでした。
サスペンスなので再放送を期待しようと思います。再放送で見るサスペンスが味わいがあって好きです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開メッセージをくださった方へ

津軽三味線のことは考えると尽きることがありません。
どんどん追求したくなります。
私もなぜここまではまりこんでいるか、自分でもよくわからなくなる時が
ありますが、その「音」が好きなのには、理由や理屈ではない
何かがあるような気がします。太棹これからもお互い頑張りましょう!

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ