マナー?美学?

え

マナーと美学

これは三味線の世界では当たり前なのだそうですが
人前での正式な演奏の時は天神カバーを外す
というマナーがあるそうです。
天神カバーとは、三味線の竿の先端を守るための、
簡易的な保護カバーのことです。
初めての人前での演奏の時に兄弟子から教わりました。
私はよく本番余裕がなくて、大舞台でも
つけたまま演奏してしまいます。
正式な場では、マナー違反だそうです。

会社でもマナーは知らないと恥をかきます。
スーツで行くべき場面にカジュアルで行ってしまったり
自由意見を求められて、本当に自由な発言をしてしまったり
誰も教えてくれない知っていて当たり前のマナーが
ごろごろ存在します。

昨日先輩と夕飯を食べ終えて仕事に向かうその直前に
爪楊枝を使う自分の口元を左手で隠すポーズを見ました
これが堂に入っていてとても自然な流れなのです。
あまりに自然で、しかもそのポーズのまま話し続けていました。
こちらも見ないふりをしながらその自然さに見入り
「左手流爪楊枝隠し」という流派でもあるような感じを受けました。
一連の流れがとても美しい流れでした。
一体これは誰からいつ習ったのでしょうか。

私が男っぽいタイプであれば堂々と使って
隠すこともなく咥えながらお勘定をすましたいところですが
そんなワイルドさもないため、もし爪楊枝を使うのであれば
「左手流爪楊枝隠し」を体得できれば。。
でも、そもそも爪楊枝自体を人前で使っていいものかどうか
マナーとしていいのか悪いのか
それもよくわからないです。
できれば使いたくないですが、使わざるをえない
状況になったとき。そんな時、

この爪楊枝隠しは大人の美学の流れを感じます。

人前で爪楊枝はできれば使いたくない。
見せたくない。でもあなたの前で使ってしまうくらい、
あなたに警戒心を持たず、あなたには心を開いているんだ
というアピールを感じます。でもそれだけではなく
だからといってあなたに不愉快な思いをさせない、
礼儀はわきまえてますという謙虚さも感じます。
あのポーズには2つの真摯なメッセージが流れているのではないかと思います。

心をオープンに。でも親しき仲にも礼儀あり。
というメッセージがこめられている仕草にも感じます。
日本の美学がここの結集している感じさえしますが、ちょっと大げさですかね(汗)

このマナーを生み出した人、改良した人、発展させた人、
しかも廃れて来たのを救った人、新しい感覚を取り入れた人、古きやり方を守った人、
独自のやり方を守った人、新しい波を起こした人、
さまざまな人や歴史があったのではないかと思います。
そしてこのような美しい型が出来上がったんではないかと思います。

爪楊枝にも右手隠しあり。そこに美学あり。美しい心あり。
演奏するときには天神カバー外しあり。そこのマナーあり。美しい型があり。
サラリーマンには場を読む礼儀あり。流儀あり。流派あり。

日本人って面白いです。日常一つに心遣いがある感じがします。
鏡の前でこの爪楊枝隠しを自然にできる練習をしてみました。
やはり練習が必要です。動きに無駄や恥ずかしさや力みがあります。
達人の先輩は、まるで空気を吸うみたいにやってのけます。
悔しいです。練習です。あのポーズやってみたいので練習です。
いつかさりげなくやってみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

知りませんでした

天神カバーを外すのがマナーだとは知りませんでした
当たり前につけているので、一体化していました
マナーは、やはり大事ですね
でも親しい人との会食ならある程度は許せますが
親しき仲にも礼儀ありこれも大事ですね
折角美味しいものを食べていてもマナーが悪ければ
味さえ悪くなりますね
私の知り合いも変な癖があり、その癖をご本人は
気付いてないので、一緒に食事する方がいなくなりました
忠告しようにも、癖を気付かないから直せないんですよね
やはり最低のマナーは必要です
うちの会社ではマナー教室を実施してます
居酒屋でのビールの注ぎ方まで教育されます(笑)

No title

こんばんは、邦風さん!

爪楊枝に大人の美学とは、意外なところに目を付けましたね。
たしかに一連の流れの中で上手に爪楊枝を使う方はいますね。
私はほとんど使わない派なので、あまり気にも留めていませんでしたが
『心をオープンに。でも親しき仲にも礼儀あり。』という
メッセージが込められていたとは。

私は目上の方とタクシーに同乗するときのマナーがまだ
しっくりきません。
3人なら迷わず助手席に直行ですが、
2人のときに後から乗って降りるとき
サッと料金を支払うというのがどうも…。

邦風さんはいかがですか?

たしかにそうですね!

コメントありがとうございます♪
たしかに 目上の方とタクシーに同乗するときのマナーは
難しいですよね。私も3人なら迷わず助手席に直行ですが、
4人になると、あの後ろの真ん中の、
肩身の狭いちょこん座りをしたほうがいいのか
それとも後頭部のまま後ろに語りかける
助手席のほうがいいのか迷います。
そうなんです!2人のときに後から乗って降りるとき
私もうまく身のこなしができません。
サッと料金を支払おうと思うと大抵あせって
財布の小銭を車内にぶちまけてしまいます(汗)
拾っている間に支払いすまされてしまいます。

たしかに!そうですね。タクシーも大人を試される場ですね!

Re: 知りませんでした

サーフさん、そうなんです。天神カバー、外すのが正式らしいです。
気をつけようと思いながらつい忘れてしまいます。。
マナーは、やはり大事ですね
サーフさんのの知り合の方の変な癖も気になります(笑)
自分の癖は誰かに指摘されないと
私も自分の癖がわからないことあるので
言ってくれる仲間をふやさなくてはです(汗)
会社でマナー教室を実施してるんですね。すごいです、
居酒屋でのビールの注ぎ方まで教育されるなんて
素敵な会社です!
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ