シーモア•バーンスタインさんの言葉



会社の帰りに、高田馬場にある老舗の映画館に立ち寄りました。

「シーモアさんと、大人のための人生入門」
という映画がどうしても見に行きたくなったからです。
89歳のピアノ教師シーモア•バースタインさんを撮った
ドキュメンタリー映画ということで興味がわきました。


シーモアさん2

この方は50歳で、コンサート活動に終止符を打ち
それ以降は「教える」ということに人生を捧げているそうです。
自分の今後の生き方を考えるうえでも参考になりそうです。
映画は、ピアノの前で美しい音を紡ぎだすシーモアさんの姿だけではなく
生徒に音楽を教えるシーンや、シーモアさんのこれまでの体験談
そして独自の人生の哲学についても、自身の言葉で語られていました。


シーモアさん3

音楽の素晴らしさ、そして音を愛するということ
さらにそれを表現することの素晴らしさと嬉しさ
音楽の心や哲学を伝えていく事の面白さが伝わってきました。

“ じぶんの心と向き合うこと、シンプルに生きること
 成功したい気持ちを手放すこと。
 積み重ねることで、人生は充実する。”


シーモアさんの言葉が私の心にとても深く響きました。
良い言葉を語られるシーモアさんの演奏にも釘付けになります。


シーモアさん1

何よりも一音一音、愛おしそうに、嬉しそうにピアノを奏でる
シーモアさんの優しい表情や眼差しに多くのことを感じました。
本気で音楽を愛するということ、人生を愛するということ
自分の人生を生きるということを教えてくれた気がします。

音楽と人生の融合を、シーモアさんの生き方から感じました。

ああ、これはとても良い映画に出会ってしまいました。
見終わってから、自分の人生と三味線のことを思いながら
今後の生き方について深く考えはじめている自分がいました。

“ 音楽に情熱を感じていたり
 楽器を練習する理由を理解していれば必ずできる。
 音楽家としての自分と普段の自分を
 深いレベルで一体化させることが。
 するとやがて音楽と人生は相互に作用し
 果てしない充実感に満たされる。”


私の胸を深く打つ言葉をいただきました。
私もいつか果てしない充実感に満たされることを夢見て
これからも三味線の一音一音を愛おしく思いながら
演奏活動と仕事と人生を大切にしていきたいと思います。



■映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」
 とても良い映画で、自分の生き方を見つめ直す事が出来ました。
 http://www.uplink.co.jp/seymour/

WEB.jpg


■同時上映されていた「ブルーに生まれついて」も素晴らしかったです。
 ジャズがたまらなく好きになる音楽映画でした。
 http://borntobeblue.jp

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ