マスクの時代です。

ぼけ

マスクの人が増えています。

春が近づき花粉症の方、風邪気味の方が多くなっています。
今日のプレゼンテーションでは
10人中8人がマスクをしていました
予防でつけている方もいらっしゃいました。
仕事をする方、みなさん体調を気にしています。

そういえば、三味線を演奏する方が
マスクをしながら演奏するところあまり見た事がありません。
10人の合奏で8人がマスクで演奏する合奏も見た事がありません。
プレゼンするのが仕事の人はマスクをしてもいいのであれば
演奏が仕事の方もマスクをしていいはずなのになぜでしょうか。

これは私の勝手な解釈ですが
演奏というのが演じることだからじゃないかと思います。
奏でるのはもちろんのこと
ある気持ち、ある役柄、作曲者の思いなどを
演じながら奏でなくてはいけないからかと思いました。
役者の方もマスク姿でカメラの前に立ちません。
演じる表現の妨げになってしまうから?ですかね。

三味線の演奏家も
音だけでよければどんな格好でも良いはずです。
それこそマスクをしてても許されるはずです。
ある曲を演じて奏でるためには
見られる事、演じる事を意識する必要があって。
だから演奏家も、演じきる姿を見せるためにも
マスクをして出ることがないのかもしれません。

しかし風邪気味の時は
マスクして演奏したい気持ちになります。
鼻がズルズルしてしまうと気になって仕方ありません。
小さい音を出す時には鼻をすする音が聴こえてしまいます(汗)
演奏の動揺や焦る表情を隠すためにも
マスクがあると気持ちが楽になる感じがしますがやはり
見た目的にはしないほうがいいんでしょうね(汗)

まずは体調管理が大切なのかもしれません。
風邪や花粉症に悩まされないコンディション作り
に気を使うべきかもしれません。
これからも、仕事と三味線のためにも
健康な状態を保ち続けられるように注意しながら生活しようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、邦風さん!

私自身はマスクをしていても、10分と我慢できないので
(気になるので)1日マスクをしている人たちを見ると
『偉いなあ』と思っちゃいます。

でも10人中8人は行き過ぎですね。
何か秘密結社の集まりみたい。。

邦風さんのご推察通り、演じるというか見られることを
目的にしている人はマスク厳禁ですね。
役者も演奏者もスポーツ選手も…。

たぶんマスクしてサングラスをかけたら、別の自分になれる気がします。
(思いっきり怪しいですが。)

こんにちは!

コメントありがとうございます!
私もマスクしてサングラスをかけたら、別の自分になれる気がします(笑)

つけ慣れていないと息苦しかったりしますよね。
私自も10分と我慢できないタイプなので
1日マスクをしている人たちはすごいって思います。

そうなんです。8人もいると秘密結社っぽいですね(笑)
話していても笑っているのか笑っていないか
目元だけで判断しなくてはいけないので普段より気を使います。
これでサングラスになったらもう誰が誰かもわかりません(笑)

口もとって感情表現するのに重要なんですね。
役者も演奏者も、たしかにスポーツ選手も
みんな呼吸が大切だったり、自己表現も大切だったり
見られることも大切だったりで、いろんな理由で
着けたくても着けられな気がします。
マスク厳禁な方たちは、この時期つらいのではと
少し心配になっています。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ